症例紹介:歯周病

[2021年03月29日]

暖かい日が増えてきて、春の訪れを感じますね。
今日は歯周病のお話をしたいと思います。
歯周病は鼻水、鼻血、目の下が腫れてくるという症状の原因になります。
歯石がついている事はわかっても、歯周病の進行はなかなか目で見てわかりません。
そんな時はCT検査で歯周病の進行具合を確認することができます。
こちらは正常なワンちゃんの頭の骨のCTです↓

赤丸の場所を見ていただくとわかるように
通常歯の根っこである歯根はこのように顎の骨に隠れて埋まっています。

こちらは重度の歯周病のワンちゃんの頭の骨のCTです↓

赤丸の場所の歯が歯根まで全て見えてしまっています。
歯周病が進行し、周囲の骨が溶けてしまっています。
放っておくとさらに進行して、口と鼻が繋がってしまったり、顎が骨折したりすることもあります。
外から見ただけではこの歯根の状況は分かりませんので、一見歯石が少なく見える歯でも根っこはこの様に溶けてしまっていることもあります。

ワンちゃんの歯は特に噛む子ではほとんど確認することはできないと思います。
できれば2年に一度くらいは歯石除去を実施し、また歯周病が存在する場合にはCT検査が非常に有用ですのでご相談ください。