症例紹介:脛骨粉砕骨折

[2020年09月24日]

今回の症例は脛骨粉砕骨折の猫ちゃん。
もうかなり高齢で18歳。
麻酔リスクもあるけど引きずってる足をなんとかしたいという思いから手術になりました。
バラバラになってしまっている粉砕骨折は昔は一つ一つなるべく合わせて留めるというのがスタンダードでしたが、現在の主流はOBDNTと言われるなるべく触らないで手術を終わらせましょうという考え方です。
具体的には骨折している所を切開せずにプレートを這わせて止めるというMIPOと呼ばれる手法です。
この手術の良さは骨折の治りが粉砕骨折でも早いということです。
写真のように順調に治りました。

高齢の動物達の跛行(足を引きずる)は年々増えていると思います。
少しでもおかしいなと思ったら当院にご相談ください!

チェルシーアニマルクリニック
         小池 博行