【症例紹介:内視鏡異物除去】

[2014年12月18日]

内視鏡は人間でも一般的に使われるものですが、動物でもよく使われます。

異物除去、胃・腸を見るなどで使用します。
人は無麻酔で見れますが、動物は全身麻酔をかけて内視鏡を使用します。

今回は食道内異物。

多分、ジャーキーを食べてからずっとはきたいけどはけないという状態になっていました。
でも本当に食べたかは・・・はっきりしない という状態でした。

単純レントゲンであやしい白い影・・・
バリウムではっきりと影がみえました。

食道は口から胃につながる所でここに異物が引っかかると最悪は食道が腐って穴が開く事もありえます。

内視鏡を挿入してみてみると・・・食道にジャーキーが突き刺さっていました。
内視鏡で少しずつ押したり、鉗子(つかむやつ)を使って少しずつちぎりながら、
なんとか食道から出すことができました!(内視鏡後のレントゲンで白い影がなくなりました)

内視鏡で分かることは、
異物があるか、胃や腸に腫瘍・炎症がないかなど非常に多くの事が分かります。
ずっと吐いているやずっと下痢しているなどお困りの方は、
内視鏡でみてみてもいいですね。

チェルシーアニマルクリニック
院長 小池 博行