【症例紹介:前十字靭帯断裂】

[2014年10月29日]

『前十字靭帯』とは、膝の中にある靭帯の一つで
激しい運動や肥満、膝蓋骨脱臼などが起因して断裂することがあります。

ヒトの世界では、
フィギュアスケートの高橋大輔選手や、サッカーのロナウド(ブラジル代表の方です)が
損傷した事で有名です。

今回の症例はポメラニアン、6歳です。

レントゲンで関節液がたまっており、触診で前十字靭帯完全断裂を起こしていました。
(写真参照)
手術を実施し、断裂している前十字靭帯の切れ端を除去し、人工靭帯を入れて固定しました。
また膝蓋骨はみぞを深くしてあります。
(膝蓋骨脱臼参照:http://www.chelsea-animal.com/syourei/2014/698/)

術後は安静を保ってもらっています。

膝蓋骨脱臼で足をひきずるなどの場合、前十字靭帯断裂が重なっているケースも多く見受けられるので、
痛み止めなどのんでも足が治らないなどあれば一度ご相談頂ければと思います。

チェルシーアニマルクリニック
院長 小池 博行