学会にいってきました!

[2015年06月25日]

先日、病院を臨時休診にさせていただき、学会に行ってまいりました。
皆様にはご迷惑をおかけしました。

私が行ったのは大宮で行われた麻酔外科学会という学会で、
今回は『小型犬の前十字靭帯断裂アップデート』でした。

前十字靭帯断裂で困るのは大型犬ですが、現在飼われている動物も
大型犬から小型犬にシフトしてきており、
また人気犬種のトイプードルをはじめ、ヨーキー、チワワ、パピヨンなど、
膝蓋骨脱臼を起こしている小型犬も増えてきています。
この膝蓋骨脱臼を起こしている小型犬は時に前十字靭帯断裂を引き起こし、
歩行困難になってしまいます。

従来、小型犬にはLSSと呼ばれる関節外法という手法で、
人工靭帯を用いて固定していたのですが、
最近では大型犬で実施するTPLOの小さいサイズが出てきて、
その手技を小型犬で行うことも多くなっているようです。

日々、進化する獣医療に引き続きついていけるよう学会にちょくちょく参加したいと思いますが、
その度臨時休診が増えるかもしれません。
ご迷惑をかけますが、よろしくお願いいたします。

チェルシーアニマルクリニック
院長 小池 博行